3Dテクノロジーインプラント

あなたの受けられるインプラント治療は、適切で正確に埋入できる

“3Dテクノロジーインプラント”ですか?

3Dテクノロジーインプラントのパンフレット

3Dテクノロジーインプラントをご理解いただくために、持ち運びも可能にしたパンフレットのものをご用意しました。

ご自身でお読みになるのも良し、家族やご友人の方にご覧いただくのも簡単にできます。

パンフレットのダウンロード
インプラント治療を受ける前のチェック項目
  • CTは撮影しましたか?
  • 3Dシミュレーションを提示されましたか?
  • 3Dガイドを見せてくれましたか?
  • 術者は信頼のおける先生ですか?(※過去の症例を見せて頂くのも良いかもしれません)

歯科医師から術前に提示された場所と違う位置、傾き、深さにインプラントが埋められるケースが多くみられます。

そのほとんどが術者の未熟さと3Dテクノロジー(ガイデットサージェリー)を応用せず、すべきステップを省いて行われたインプラント治療によるものです。

フリーハンドによるインプラント治療の問題点

日本口腔インプラント学会(第43回)、国際インプラント学会(2013年)にて報告

インプラント治療医 20名によるフリーハンドと3Dテクノロジーインプラントでの実際に埋入された部位との誤差比較した。

結果ならびにまとめ

  • フリーハンドで行ったインプラントでは容認できない位置、深さ、角度の誤差を生じていた。
  • 術者によって、大きなバラつきが認められた。
  • フリーハンド群の三次元的角度の誤差はガイド群に比較して3.2倍と高く、3Dテクノロジーによるガイドを用いることが正確なインプラント埋入には必須であると思われた。

以上のことから、歯科医師の経験と勘だけに頼ったインプラント治療は、より安全で確実なインプラント治療であるとは言えない。当院では「安心・安全・確実」なインプラント治療を提供する上で、フリーハンドではない、3Dテクノロジーインプラントを行い患者様のご要望にしっかりお応えします。

フリーハンドインプラントと3Dテクノロジーインプラントの比較

ご自分やご家族が治療を受ける時に、どちらのインプラント治療をお受けになりますか?

フリ-ハンドインプラント

誤った位置、深さ、角度で埋入されている。

3Dテクノロジーインプラント

理想的な計画された位置に埋入されている。

未だ8割以上のインプラント施術施設では、フリーハンドもしくは簡易型ガイドによるインプラント治療が行われています。

適切な位置に埋入されないデメリット

  • 神経麻痺、大出血(死亡事故)につながる重篤な医療事故のリスク
  • 咬合力が不適切な方向にかかることによるインプラント治療失敗のリスク
  • 患者さんが自分で衛生管理できずインプラント周囲炎(感染)を生じ、インプラントが脱落するなど失敗のリスク

東京銀座シンタニインプラント外科での「3Dテクノロジー」を応用したインプラント治療は、全症例で応用しています。
全国では約15%の施設で応用されているのみである。

痛み・腫れ・手術時間の比較
  通常のインプラント治療 3Dテクノロジーインプラント
痛み・腫れ 難しい抜歯程度の痛み。術者が未熟であればそれ以上。

非常に軽微。痛み止めの服用しなくてもよい場合も。

手術時間 1本につき20~40分程度。
未熟な術者ではそれ以上になることもしばしば。

1本につき10~15分程度。

痛み・腫れ
  • 難しい抜歯程度の痛み。術者が未熟であればそれ以上。通常のインプラント治療
  • 非常に軽微。痛み止めの服用しなくてもよい場合も。3Dテクノロジーインプラント
手術時間
  • 1本につき20~40分程度。
    未熟な術者ではそれ以上になることもしばしば。
    通常のインプラント治療
  • 1本につき10~15分程度。3Dテクノロジーインプラント
出血・切開の比較
  通常のインプラント治療 3Dテクノロジーインプラント
出血・切開 メスによって歯肉を切開するためある程度の出血。

歯肉パンチで最少の穴あけで剥離や縫合をしないため軽微。

出血・切開
  • メスによって歯肉を切開するためある程度の出血。通常のインプラント治療
  • 歯肉パンチで最少の穴あけで剥離や縫合をしないため軽微。3Dテクノロジーインプラント
通常のインプラント治療のケース1

切開して粘膜骨膜弁を作成してのインプラント外科。骨面を露出させるために歯肉が大きく切開され剥離されている。未熟な術者では多くの出血を認めることも少なくない。

3Dテクノロジーインプラントのケース1

3Dテクノロジーインプラントでの歯肉パンチング。インプラントを埋入する部分だけが丸くパンチされている。

通常のインプラント治療のケース2

インプラント埋入直後の術中写真

骨面を露出させるために歯肉が大きく切開され剥離されている。未熟な術者では多くの出血を認めることも少なくない。

3Dテクノロジーインプラントのケース2

インプラント埋入直後の術中写真

3Dテクノロジーインプラントでは、埋入する部分だけが丸くパンチされており、そこからインプラント体が確認できる。

事故発生の比較
  通常のインプラント治療 3Dテクノロジーインプラント
事故の発生 神経麻痺や上顎洞迷入、骨の貫通などのリスクあり。

不適切な応用をしなければリスクは全くない。

出血・切開
  • メスによって歯肉を切開するためある程度の出血。通常のインプラント治療
  • 歯肉パンチで最少の穴あけで剥離や縫合をしないため軽微。3Dテクノロジーインプラント

CTを撮影しないとわからない顎の骨の形と神経の位置は、これだけのバリエーションがある。インプラントの数にかかわらず、CT撮影は必須である。

提示する部位に誤ってインプラント治療が行われた場合には
上記の症例の左から3番目では神経麻痺が、5番目では出血による呼吸困難などの重篤な事故が発生する。
骨の形態・質の診断・埋入位置の比較
  通常のインプラント治療 3Dテクノロジーインプラント
骨の形態・質の診断 2次元

CTによる3次元解析

インプラント埋入位置の決定 2次元レントゲンからあるいはCTを撮影してもおおよその位置で決定

CTシミュレーションで3次元3Dで骨内の位置、角度、深さ、上部構造(歯)との関係から正確に決定

骨の形態・質の診断
  • 2次元通常のインプラント治療
  • CTによる3次元解析3Dテクノロジーインプラント
インプラント埋入位置の決定
  • 2次元レントゲンからあるいはCTを撮影してもおおよその位置で決定
    未熟な術者ではそれ以上になることもしばしば。
    通常のインプラント治療
  • CTシミュレーションで3次元3Dで骨内の位置、角度、深さ、上部構造(歯)との関係から正確に決定3Dテクノロジーインプラント
通常のインプラント治療の場合

従来のインプラント計画ではX線写真における2次元でおおよその位置を決めるだけ

3Dテクノロジーインプラントの場合

3Dテクノロジーインプラントではシミュレーションで顎の骨形態、骨質と最終的な歯の位置を適切にシミュレーションして埋入位置を決定する。

インプラント埋入窩の形成の比較
  通常のインプラント治療 3Dテクノロジーインプラント
インプラント埋入窩の形成 フリーハンドで術者の勘、あるいは簡便なガイド

3Dテクノロジーで作成された位置、角度、深さが厳密に規定されたガイドの装着下で形成

インプラント埋入窩の形成
  • フリーハンドで術者の勘、あるいは簡便なガイド通常のインプラント治療
  • 3Dテクノロジーで作成された位置、角度、深さが厳密に規定されたガイドの装着下で形成3Dテクノロジーインプラント
通常のインプラント治療の場合

インプラント埋入窩の形成

フリーハンドでの形成では術者の勘が頼り。未熟な術者では誤った方向に削ったり、出血を認めることも少なくない。

3Dテクノロジーインプラントの場合

インプラント埋入窩の形成

3Dテクノロジーインプラントではガイドに規制され、間違った方向や深さで骨を削ることはない。

傷の縫合の比較
  通常のインプラント治療 3Dテクノロジーインプラント
傷の縫合 開いた傷口を縫合

ヒーリングキャップの装着で縫合なし

傷の縫合
  • 開いた傷口を縫合通常のインプラント治療
  • ヒーリングキャップの装着で縫合なし3Dテクノロジーインプラント
通常のインプラント治療の場合

傷口を糸で縫います

3Dテクノロジーインプラントの場合

傷口は縫わずにキャップで塞ぎます

インプラント手術の治療ステップの比較

インプラントの治療ステップを分かりやすく比較しました。

従来・通常のインプラント手術

切開、剥離、骨面の露出など患者さんにかかる負担は大きく、未熟な術者では手術時間の延長、多くの出血、誤った方向、位置、深さへのインプラント埋入などを認めることも少なくない。

01
歯肉切開と剥離・骨面の露出

02
インプラント窩の形成

03
方向や位置、深さの確認

04
インプラントの埋入

05
ヒーリングキャップの装着

06
縫合

3Dテクノロジーインプラント手術

手術時間は1本埋入で10分程度。時間を競っているのではなく慎重に施術しても短い手術時間で患者さんへの負担も少ない。

01
3Dガイドを装着

02
歯肉パンチ

03
インプラント窩の形成

04
インプラントの埋入

05
ヒーリングキャップの装着

3Dテクノロジーインプラントの手術時間経過と治療ステップ

治療内容はしっかりとすることを大前提に、治療を受ける時間は短ければ短いほど、受ける側の患者負担も少なく済みます。術者も経験を重ね、良いシステムを使用することにより下記のように手術時間は短くできます。

01 表面麻酔
(1分30秒)
麻酔の時にチクッとするのを抑えます

02 浸潤麻酔
(3分20秒)
インプラント手術が痛くないように局所麻酔をします

03 歯肉パンチ
(1分21秒)
歯肉パンチで歯ぐきを切除し、歯肉を取り除いていきます

04 ドリル交換
(38秒)
歯肉パンチを行う先端から骨に埋入するドリルへの取り付け交換

05 1st-3rd Drill
(1分36秒)
3ステップで骨を削っていますがそれぞれ数十秒しか掛かりません

06 インプラント埋入
(2分34秒)
骨の中にインプラント体が埋め込まれました

07 ヒーリングキャップ装着
(1分43秒)
歯肉貫通部を取り付け手術は終了。縫合は必要ありません

08 インプラント埋入時間
(5分43秒)
手術時間が短いので皆様ビックリされます。お疲れ様でした。

Copyrights © 東京銀座シンタニインプラント外科.
Web Produced by GlobalUnity